メルカリ出品

« USBケーブル破損 | トップページ | 18年間の頑張り! »

10年目スタート

Uch

写真は、一輪車クラブ会長さん宅にある

トロフィーとメダルの数々♪

頂いた写真は、私のお守りになっています!

思い起こせば、ちょうど9年前。

長女が小学4年生の9月に

地元の一輪車クラブに入会させてもらいました。

全日本総合優勝2連覇直後でした!

でも実は、それを知ったのは、後からで(^_^;)

入会したきっかけは、市民会館での舞台発表会です!!

感動的な一輪車の舞台演技に魅了されて

一輪車クラブに入り、1年後には

すぐに全日本に出場させてもらい

長女がグループで銀メダル。

2年後には長女がソロで、次女がペアで銅メダル。

3年後には長女がグループで、次女がペアで金メダル。

 
 
もちろん、本人達も頑張りましたが

かなり、恵まれた素晴らしい環境だったことに

感謝したいです。

 

素敵な先輩方に憧れ

一輪車を始めて9年が経ちました。

 

10年目の一輪車生活は、

2人とも休会中でスタートしていますが

自分達なりに頑張っていってもらいたいです。

http://www.youtube.com/watch?v=l8JZRgKRXVc

娘達は演技動画をこのブログなどに貼り付けるのは

嫌がりますが・・・

練習風景を思い出として編集してみました↑

(BGMは全日本の演技曲とは違います)

Mステ出演用のプロモーションビデオにしたものです。

« USBケーブル破損 | トップページ | 18年間の頑張り! »

♪一輪車動画(演技1)」カテゴリの記事

コメント

子供たちが一輪車をしていてよかったな~って思うことは
やっぱり親子で同じ目標に向かっていられるところです。
一つ一つの大会ごとにその時その時の頑張っていた姿や
悩んだり喜んだりしている姿を同じ時間そばで感じることが
できるということが、親としてはとてもありがたいことですね~。

一輪車を通して育んできたものはきっと子供たちの人生の糧に
なってくれると思っています。
そして母の力にもなっていますね・・・私の場合(๑≧౪≦)てへぺろ

この9年間はgogo母さんの娘さんたちへの愛情がいっぱい
詰まっている一輪車生活なのでしょうね。
そしてきっとこれからも続くんですね。
休会明けを楽しみしています。


そうそう、娘さんたちは休会中でもgogo母さんは
まだまだ色々ご指導をお願いしますね(ゝ。∂)

budouiroさん
親子で同じ目標って 本当に良かったと思います!
そして、チームで同じ目標というのも素敵ですよね。

同じ目標を持ったもの同士の関わり合い方は
失敗ばかりで上手くいかないことも多いのですが
その取り組みの中で
人に自分の考えを伝え合い、自分とは違う思いを知ることだけでも
勉強になります。

お互いが理解し合えるまで行けた時は
数少ないですけど、 感動します。
そして、少しずつ相手を思いやれるようになるのかしら。
 
親子、チーム、ライバルなど
何年間も毎日のように付き合ってきて
子供達なりに成長していく様子を間近で見られたこと
これが、母親として本当に嬉しいです。

休会中は、充電しておきますね!
指導だなんて、とんでもございませ~ん。

失敗ばかりしている姿を見て
他山の石にしてくださいませ!!(笑)

今晩は、悩みながらコメントします。
たまにブログを見させてもらっています。
うちの子も一輪車クラブに入って2年、1度だけ大会に出させてもらいました。
週に3日の練習をしてきて、2年、これだけの時間と労力を費やして大会には出させてもらえず、もっとがんばれと言われます。練習でも大会に出る人メインなので、隅っこで同じことばかり…このクラブでいいのか、このクラブで何とかしたいのか、娘と話しながら悩んでいます。
愚痴ってしまいました。すぐに大会に出られて、親子で同じ目標に向かって一輪車を楽しめるなんていいな♪

ははさん★こんばんは
親子で悩まれていらっしゃるようで
今が苦しい時期なのでしょうね。
 
大会に出るお子さん達を見ながら
隅っこで練習するのは、親子共に辛いと思います。
  
詳しい状況を把握できないですけど
私なりに思ったことを書かせてもらいますね。

でも、今夜はちょっと時間がないので
明日まですみませんが待ってください。

ははさん★
昨夜はコメントをありがとうございました。
内容を考えると、随分私自身も悩みました。
でも、こうすべきだというものも、実は出ていません。
ごめんなさい。

9年経って思うのですが、
最初の3年くらいは、苦しかったですよ。
クラブの練習はほぼ毎日で
土日には何時間も練習しましたよ!

はっきり書かせてもらうと
今現在の一輪車演技部門の全日本レベルになるには、
週3日では、厳しいと思います。

かなりの時間を費やし、家族で協力し合って
クラブの仲間と共に成長出来た時に、
大会でも上位に入賞できるのだと思います。
 
皆さん、クラブの練習以外でも
自宅で柔軟をしたり、ビデオで表現力を付けたり
演技構成を勉強したり
相当の努力をされていることでしょう。

ただ、目標をどこに置くかで
楽しさも充実感も変わってくるのではないでしょうか。

うちの娘達が入会させてもらったクラブは
当時、全盛期でそのノウハウを伝授してもらえたし
ライバルがたくさんいたので、
親子で全日本上位入賞に向けて燃えることができました。
 
今は人数も減り、どう一輪車を楽しむべきか
私の中でも揺れています。
舞台やイベントでの演技発表もやりがいがあるんですよね。
 
競技会で順位がつくものに参加すれば
競争心から自分たちのレベル向上にもつながるので
そちらも捨てがたいですし。

でも順位が気になり、自信喪失するくらいなら、
出場する大会レベルを配慮するか
工夫して上位に入れる作戦を立てて努力を楽しむとか。

まずは、自分のレベルを知り、
楽しむ目標を立てることかもしれません。

大会で優勝できなくても、参加するだけでも充実できるのであれば
それも良いでしょうし。
一輪車は、健康のために体を動かす程度にし、
勉強や他の趣味などに時間を注ぐのもありでしょう。

ただクラブの中に所属したのであれば
その中で目標をそろえることが望ましいでしょうね。
クラブで出場する大会レベルにまで、
みんなで努力するのが普通かしら。
 
子供達の運動能力には、あまり差がないと思います。
時間をかけてコツコツと努力された子供達が
伸びていくでしょう。
 
具体的にどの技ができるようになれば
大会参加メンバーになれるかを示してもらうことが、
やる気にもつながるかしら。

技の習得など長期的な取り組み計画などの作戦は(^^ゞ
クラブ内のレベルだけでなく、大会演技を研究されて
指導者や仲間と計画を立てるのが良いでしょうね。

クラブ運営は、どのようになっているのか分かりませんが、
自分たちのクラブの取り組みを
親同士で検討し合うことも大事かと思います。

クラブ員みんなが楽しめて成長していけれるように
したいものですね。

偉そうに・・・長々と・・・失礼しました。
このブログでも、参考になるか疑問ですけど
私なりの問題提起が出来たらと思います。
後日・・・綴れるかしら・・

コメントありがとうございます。
とても参考になりました。ありがとうございます。

そうですね、全日本レベルならば週5回以上は練習しないとダメかなと思います。
うちは、それ以前の問題ですね。
目標が決まってないから、かな。
うちは、ただ一輪車に乗るのが楽しくて、一輪車クラブに入っただけで、一輪車の演技に憧れたわけでもなく、上手に一輪車に乗りたい、一輪車が楽しいと言うだけで一輪車クラブに入りました。それが意外とみんながんばっていて、スポーツだなと
楽しいだけではなく、スポーツとして上を目指すなら、今のままではいまいちでしょうね。
本人は、賞状やメダルがもらいたい!くらいの感覚です。

スポーツとして上を目指すなら、指導者やクラブの方針も大切かな。
小学校3年生でそこまで目指すのか??なんですが…

>具体的にどの技ができるようになれば
大会参加メンバーになれるかを示してもらうことが、
やる気にもつながるかしら。

いいですね、
でも、人数的なことで、技関係なしに大会メンバーになったり、ならなかったりしませんか?

生活と一輪車とのバランスや本人の方向性や目標など考えて見ます。

10年も一輪車を親子でしてきたなんてすごいですね~
GOGO母さんすごい!継続は力なりです。
同じ目標に向かっていける仲間がいることで、自分の可能性を知ったり、チームで力を合わせることや、人と深く付き合えたり、学べることは多いですよね。
何かスポーツをするのなら、仲間や自分を信じて’できる’っていう感覚や可能性を得てほしいな。

今まで、勝ち負けがはっきりとタイムでわかるスポーツをした事しかないので、演技って良い悪いが人によって違うんじゃないかと、?です。

ははさん★
お返事を書いてからも、まだ私の頭の中で
この話題がグルグルと回っています。

一輪車が上手くなりたい程度で入ったクラブで
全国大会まで出場される方もいますが
人数が多ければ多いほど、親子共に温度差はありますね。
 
小学3年生とのことで、どこまでスポーツに時間を当てるか
それは親子で話合うべきでしょう。
クラブの方針は 指導者主導であるか
親運営であるかで変わってくると思います。

もし検討の余地があるのであれば、
話し合い子供のためになるようにしたいものです。

うちの場合は、入会後、すぐに指導者がいなくなってしまい
親主導の運営の中で、すべての子供達に光があたるようにとの
方針で会長さんが呼びかけていらっしゃいます。
一輪車は、大会は5人以上であれば、
何人でもグループ演技が組めますので
補欠は作っていません。

なので、年齢が中学生になれば、中学生のグループで
高校生になれば、高校生以上のグループで
必ず出場できるようにチーム編成をしています。

それが、みんなで伸びて行こうと努力する良い面でもあり、
レベル差を感じて苦労する面でもあり、
悩む所です。

あとは、全国大会だけが発表の場ではないですし
地域のイベントや クラブ内での発表の場でも
楽しめるように考えてくださっています。

ははさんの仰る通り、演技の評価は人によって違います。
大会の審査得点を見ても、極端なバラつきがある場合も。

よって、大会での結果は、自分たちを刺激するためのもので
「競争して楽しもうかな」程度に考える方が
良いのかもしれませんね。

個人競技と集団競技のそれぞれの特徴を考えながら
クラブ運営も配慮すべき点がたくさんあるでしょう。
一輪車はソロ演技もあり、ペアもグループ演技もあり、
面白いですよ。
新しい分野のスポーツなので、取り組み方次第で
楽しい一輪車の世界が広がると思います(^○^)

コメントありがとうございます。
他のクラブの状況を知ることはほとんどないので、参考になりました。
今まで送迎やお当番だけでいっぱいいっぱいで受身でいましたが、今のクラブを続けるのならば親ももっと関わっていった方がいいのかもしれないですね。

まさにうちは、「一輪車が上手くなりたい程度で入ったクラブ」なので、演技に対する憧れも少なく、練習量と生活とのバランスに悩むんでしょうね。
クラブの人数も減ってきて、働いているお母さんも増え、指導者と親の考え方にもずれがあるように感じたりするので、クラブの方針も確認していきたいです。親主導の運営というのは、親の負担を考えると尻込みしてしまうので、それをしているクラブの方は偉いです!

大会のことは同じチームのお母さん達とも話してみようかなと思います。
まずは、演技に繋がる基本的な技をきちんとマスターできるようにでしょうか。新しい技が出来るようになって、褒められることが、娘の一輪車に乗る喜びのようなので。励み表でも作ろうかな。
楽しい一輪車の世界が広がればいいですね。

ははさん★
こうやって、子供のスポーツについて、考えることこそ
大事なことだと思うんですよね。

子供たちの成長に何が必要か、母として親として
一人で悩まず、夫やママ友・自分の親などと共に考えると
その人の人生観まで垣間見ることができたりします。

ちょっと大袈裟かもしれませんけど~。

スポーツを取り組む意義や 計画など
娘達と話が出来るときは、子供の成長を感じることができるし
信頼関係を深めることができるような気がします。

>新しい技ができるようになって、褒められることが
娘の一輪車に乗る喜びのようなので

これって、大事なことですよね。
皆さん、この喜びをスタートにして
一輪車に乗り続けていらっしゃると思います!

励み表!!素敵ですよね!!
親子でどうやったら頑張れるか楽しめるか
模索していくことって大切ですよね。
勉強も同じく。

計画を立てて、時間管理ができる、
というのも、まずは小さい目標で良いので
小さい頃から取り組ませるのも子供のためになるでしょう。

一輪車の技の場合は、
頭の中では難しいと感じることが
実際に次から次へと技ができるようになるので
自分で自分の成長も感じられますよね。

ははさんが、こうやって娘さんのことで
悩んで一緒に考えてあげることも
技ができるようになって喜んであげることも
親子で幸せな時間になることは間違いありませんよ(*^_^*)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« USBケーブル破損 | トップページ | 18年間の頑張り! »