メルカリ出品

« ロックミシンの端始末 | トップページ | 雨 »

ロックミシンの返し縫い

私がこのブログを通して役立てる事・・・

それを求めて思案中です。

今日は、2回目の投稿になってしまいますが

思い立ったが吉日!

1回目で書いたロックミシンの返し縫いを

写真つきで説明してみます。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

まず生地はしまでロックミシンをかけたら

針が上の状態で押さえ金をあげます。

1

布を少し後ろに引きながら

かがり幅のツメから縫い目を外します。

2

次に生地を裏返し縫い終わりの位置を

縫い始めの位置にして

ゆるんだ糸を3本とも

糸調子器の上の部分からひっぱりあげておきます。

1~2センチではないでしょうか。

そして針を下して縫います。

この時、メスロックができるミシンの場合は

最初の縫い目がカットされないように

メスロックをかけるとよいかと。

その機能がなければ、

メスで縫い目が切り落とされないよう

メスの左側ぎりぎりに縫い目を送り込んで縫います。

3

2~3㎝縫えば、空環は切り落としてOK。

これが 私の返し縫いの方法です。

4

糸がつながった状態で、返し縫いができているので

ロックの縫い目がほつれてきません。

⬇これは、ほつれています

Photo_4

すでに この方法を使っている方もいるかもしれませんが

このブログで紹介すると、少しはお役に立てるかしら?

こんな情報、要らないわ・・・と思う人が多いかしら?

親同士が質問し合える掲示板があると良い?

« ロックミシンの端始末 | トップページ | 雨 »

一輪車衣装の取り組み」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ロックミシンの端始末 | トップページ | 雨 »