おすすめ衣装生地・素材

« 雨の日の練習 | トップページ | 金木犀 »

一輪車カバーの作り方 2016改訂版

20180301_082146


20180301_082210


20180301_082236


20180301_082245


一輪車を入れて肩から背負うタイプのカバーです。
持ち運びに便利ですのでお好みの生地で
手作りしませんか♪

20180225_185802
斜め掛けにすると楽です。

20180225_185749
片方の肩だけにも掛けれます。

材料と型紙が準備できれば
裁断から縫製仕上げまで3~4時間でしょうか。

1~8の行程で示していますので作ってみてください。

1.型紙づくり

下図を参考にして型紙(後ろカバー・上カバー・肩ひもの3枚)を製図します。前カバーの型紙は、後ろカバーを縦半分に折って使用します。図の中の数字は20インチ演技用一輪車、身長約160cmの参考サイズです。(単位cm)


タイヤが16インチや24インチ等の一輪車や
身長が高くポストが長い場合の型紙サイズは→ こちらを参考に



Cover_size

製図について

 後ろカバー
直径72cm(半径36cm)の半円に台形をのせた形。台形の高さは身長160cmサイズの一輪車のサドルの高さを目安にし75cmにしています。身長が高くサドルポストが長い場合や身長が伸びる予定の場合は、多めに製図して下さい。ただし多すぎると背負ったとき肩紐の付け根から余った本体生地が引っ張られてしまいます。一輪車の縦サイズを採寸して調整してください。

 上カバー
縦26cm横14cmの長方形に直径14cmの半円を上下にくっつけた形。

 肩ひも
横幅12cmは半分に折って作るので、出来上がりは6cm幅の肩ひもになります。生地が余っている場合は、幅を10㎝くらいに広くとる方が肩が楽です。3つ折りで厚みを出す場合もあります。

型紙のネット販売もしています。
私のハンドメイド型紙(笑)でよければ
メルカリ出品よりどうぞ。
こちらから
(フリマアプリ「メルカリ」に登録が必要です)

2.材料を準備  (材料費 約2000~6000円)
  
①キルティング・帆布・デニム地などの丈夫な布
   230cm (布幅91cmの場合)


布幅が106㎝以上の場合
180㎝で済ませる方法はこちら

身長が140㎝くらいであれは、
丈を短くして約210㎝で足ります。

91cm_size

一般的な布幅であるヤール幅(約91cm)の場合
必要な布丈を考えるには、半間幅の廊下が便利~♪


型紙をお店に持っていって、直接布の上に置いて購入すると無駄がありませんね!


参考: ネット通販 キルティング生地

2018年9月にまとめたブログ

2017年10月にまとめたブログ
コットンハウス セシール
コットンプラザ(50cm単位)

楽天 コットンプラネット(50cm単位)


通販「手芸のピロル」 無地で10㎝85円税込 
ただし、生地幅88㎝と狭いの
肩紐分20cm追加で購入が必要
 

ちなみにキルティング生地の底値は
立川ユザワヤで無地780円/m+税
キャラクター生地だと
10センチ248円くらい?



②ファスナー 
上の型紙サイズの場合110cm
止めタイプ (オープンタイプではありません)
(身長が140㎝くらいのサイズであれば100㎝)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

100cm ビスロン止めリング付ファスナー 4VS
価格:421円(税込、送料別) (2017/12/28時点)



ファスナーつけ部分を正確に測ると良いでしょう。多少出し入れがしにくくなりますが、市販のものは100cmが多いので、それでも大丈夫です。
私の場合はユザワヤにある
ビスロン両開き100cmを購入することが多いです。

20180609_102349
20171029_090735

色は、白、ベージュ、茶、紺、グレー、黒の6色
461円+税(497円税込)
東京立川や池袋のユザワヤで購入しています。

オンラインショップでは、60㎝までしかなく取り扱って頂くようにお願いはしました。
電話で問い合わせした所、購入時に備考欄で
100㎝を希望と書いておけば特別手配で対応してくれました。

後ろカバーまで縦に割れて開ける場合は150~200cmの両開きファスナーにします。余る場合は縫いとめた後、カットします。上の型紙で本体の下側半円はファスナーを付けない場合、164㎝です。

Photo_2

私は新宿オカダヤでメタルファスナーを
スライダー(約50円)を追加して両開きにし
長さを160㎝でオーダーしています⬇
20180321_130946

120㎝をカットして使うようでしたら、
通販で両開きビスロンがあります。
メール便で送料160円必要でしょうか。

③結びひも 約1m 
 サドル下で結ぶひもで、適当なもの。
 布の残りで作っても。

④針と糸 
できれば、糸はカバン用の太い30番を使うと丈夫に縫えます。
(1巻き200mで490円)
結構、縫う生地は分厚くなりますので針も折れないように16番を使います。
(10本で500円くらい)

20171029_090823

以上が準備する材料となります。
あとは愛情と根性をご用意下さい!


3.裁断&縫い代の始末

前カバー左右2枚・後ろカバー1枚・上カバー1枚・肩ひも1枚 の合計5枚を裁断します。前カバーのファスナー部分は布端のほつれないみみの部分にすると良いでしょう。

キルティングの布は、キルトしてある糸がほつれやすいので、縫い代をすべて多めの2~2.5cm で裁断し、すぐにロックミシンかジグザグミシンをかけておきましょう。肩ひも部分は不要。


4.ファスナーつけ

Cover_front

ファスナーの長さが足りない場合は、ファスナー付け部分以外(左図の黄色い矢印部分)を、左右縫い合わせておきます。
図ではファスナーを上側に寄せていますが、下側に寄せ上側を縫い合せておく方が一輪車の出し入れがしやすいようです。サドル側を先に入れ、出すときはサドル側を後からにします。

前カバーのファスナーつけ部分を出来上がり線で折り、上図のようにファスナーの両側を縫い付けます。ミシンの押さえ金がファスナー金具に当たって邪魔にならないように、ファスナー付け用押さえ金に替えて縫います。ズレそうで不安な方は、ファスナー付け部分の左右を出来上がり線で縫い合わせておき(ミシン目は大きく)、ファスナーを付け終わってからほどくときれいに縫えると思います。


注意点として、
前カバーの生地をファスナー上にかぶせない場合は
見えているファスナー幅の中心が
型紙の出来上がり線になるようにしてください。
上カバーと接ぎ合わせるとき
距離が合わなくなります。

ファスナーの付け方 参考動画
ファスナーの長さがぴったりでない場合は
ファスナーの幅で生地を追加すると
良いでしょう。(参考記事)

Photo_2


5.肩ひも作り


Katahimo1  Katahimo2

(作り方例)
横幅6cmのひもを作ります。上図のように中表に二つ折りにし、縫い合わせます。裏返して縫い合わせ部分を真ん中にくるようにステッチをかけます。肩ひも端もステッチを。

使用時に、長さ調節ができるように アジャスターやDカン等をつけても良いでしょう。


6.前後カバーの縫い合わせ

肩ひもを前後のカバーに挟んで中表にし縫います。肩ひもは、先に、後ろカバーに仮留めしておくと良いでしょう。丈夫に何重にも縫い付けましょう。

右肩に背負うか、左肩に背負うか、子どもの好みに合わせて、肩ひもを右斜めか左斜めを決めてから、付けてください。

肩ひもの はみ出した部分はカットし、縫い代の始末も忘れずに。

ここで結びひもも肩ひものすぐ上に縫い込んでも構いません。
作業上、邪魔だと思う方は、最後に後ろカバーに縫い付けても。(作業行程7)

Hontai_nakaomote


7.結びひも付け

肩ひも上側の付け根のすぐ上に縫い付けると


肩ひもが一輪車本体に固定されてベストだと思います。


肩ひもを縫い込む時、そのすぐ上に一緒に付けても。

20180301_083258


市販のテープを使用しても可愛いですね。


Cover_pooh_himo_3


8.上カバーつけ

    

サドル上の部分になる上カバーの布を
中表に縫い付けます。
カーブ縫い目で生地にタックが入らないように、
出来上がり線の距離を合わせて
まち針をたくさん打つようにしてください。
(コツはこちら)


綺麗に縫えたら下の写真のように
縫い代を本体側に倒して
接ぎ合わせより5㎜くらい下に
3枚合わせて押さえミシンをかけると
丈夫になります。

Photo_4

********************

上記の説明内容で ご不明な点や
アドバイス等ありましたら、ご連絡ください。

Gogo母宛てメール gogohahajapan@gmail.com

こちらも参考になさって下さい。
★アレンジ作品例

« 雨の日の練習 | トップページ | 金木犀 »

コメント

   初めまして 石川県  金沢市  からです
  
  一輪車の演技は 森山児童館のみで 少しの人数です
  私の娘も 中学生になり OBとなりました

  チタンの一輪車も買い 次回 茅ヶ崎の大会に北陸新幹線で
  行きます
  
  このホーム 参考し  衣装を妻が作成しています 

   二三ミリの大きさ ビーズを衣装に貼りつける 取れない
   接着剤 何が オススメ  ですか

   

    


  
   

坂下 隆弘さま

初めまして!コメントをありがとうございます!
石川県からなのですね♪

このブログのアクセスが最近多いこともあり
ジュニア、ペアソロ大会にも参加されていたり
一輪車人口も増えていそうで楽しみにしています。

茅ヶ崎のジュニア大会も北陸新幹線で!
パワーを感じます!
お父様の協力があってこそですね。

お母様も衣装作りで頑張っていらっしゃるのですね。
私はビーズは糸でしか留めたことがなく
ボンドを使ったことがありません。

以前、スパンコールと一緒に糸で留めたビーズが
取れないようにボンドをつけてもらったことがありますが
紫色の生地がシミのようになっていたことがあります。

新体操のラインストーンを付けるような
ボンドなら大丈夫でしょうか?

ネットで検索したら見かけたことはあります。
でも使ったことがないので、おすすめすることもできません。

お役に立てず、すみません。

素敵な衣装が仕上がることを祈っています!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨の日の練習 | トップページ | 金木犀 »