« 職業用ミシン | トップページ | 4週間で開脚できる本 »

ズーム

全日本ビデオ審査用に
演技を撮影する際
私なりに取り組んでいた方法が
あります。

それは、ズーム。
ソロやペア演技の時は
意識して使っていました。

体育館奥から手前に
進んで来るときは
わざと引いておいて
ズームをじわーっと、かけます。

画面の中で
演技者が速く近づくので
スピードがあるように感じます。
…感じる気がします(笑)

その逆も。
手前から体育館奥に走るときなどは
ズームアウトして
演技者を実際より速く
小さくします。

ずっと小さいと
ビデオを見ている人も飽きるので
途中からはズームをかけて。

また、体育館を横切る
もしくは斜めに走るときは
アップで撮影する方が
背景がどんどん変わるので
スピード感が出る
…気がします(笑)

あくまでも、
個人的な感覚なのですけどね。

全日本ソロ大会のビデオ撮りも
ソロソロでしょうか(笑)
いろいろお試しあれ~。

ビデオ撮影の仕方で
演技の見栄えは随分変わると
ある審査員の方も仰ってました。
私もそう思います。

Photo
最近、殆んど出番のない
我が家のビデオカメラ。

« 職業用ミシン | トップページ | 4週間で開脚できる本 »

コメント

これ分かります!ビデオ撮りあるあるですね(笑)
例えば手前から奥に向かってバックY字で下がる時は、ズームアウトして速さを見せた方が良いのか?でもここは技と表情を見せるためにアップにしたほうがいいのか?
究極の選択クイズみたいに悩みながら撮ってます(^-^;

そうなんですね(笑)
ビデオ撮り‼あるある!

表情を見せるためも
分かります!
あるある!

ただし、うちの場合は
余裕がない表情を
見せないために
引いて撮ってたことが
あるあるなんですけどね(^o^;)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 職業用ミシン | トップページ | 4週間で開脚できる本 »