メルカリ出品

« きついカーブの合わせ方 | トップページ | サドルカバーの作り方 »

上カバーの合わせ方

一輪車カバーを縫うときに
上カバーのカーブと
前後カバーの上端(直線部分)の
合わせ方は意外と難しいですよね。


Photo

そのコツは
上カバーの直線部分の合い印を付けた後

カーブの途中にも接ぎ合わせる両側に
合い印を細かく付けます。

写真のように半円のカーブでしたら
8等分すると良いでしょう。

Photo_2

両方の型紙を折り畳んで等分してもよいし

印を付けたカーブを回転させながら
直線部分に印を付けていっても。
この方法でしたら、
ビスチェなどの胸のカーブのような
不規則なカーブでも対応できます。

裁断の時に忘れず、合い印を生地にも付けて
接ぎ合わせの時に合い印同士を
まち針で合わせながらとめると
距離が合わないというトラブルを防げます。

(このようにカーブ部分が
合わせにくい原因はこちらからどうぞ。)

« きついカーブの合わせ方 | トップページ | サドルカバーの作り方 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« きついカーブの合わせ方 | トップページ | サドルカバーの作り方 »