« 思い出深い生地から | トップページ | 上カバーの合わせ方 »

きついカーブの合わせ方

型紙でカーブがきついものと
そうでないものを縫い合わせる時って
難しいですよね。

先日、一輪車カバーの上カバーを
本体に縫い合わせるのが
大変だったとのメールを頂きました。

確かにコツを知らないと
まち針を何度も打ち直し
しつけをかけ
それでも距離が合わない…。
と苦労してしまいます。

サドルカバーの縫い合わせも
難しいと思います。

Photo

カーブの部分が
仮にきれいな円形で
直線部分に合わせる場合

例えば
スカートにベルト布をつける時など

カーブの出来上がり線に
まち針を打つときに
5㎜でも上下にズレると
円周では3㎝以上ズレてしまいます。

半径5㎜、つまり直径で1㎝ズレると
円周では直径×3.14㎝のズレになるわけです。

⬇メモ書きで失礼しますf(^_^)

Imag2024

出来上がり線のABとCDを合わせる時
赤い線のように少しでもズレると
ABの距離が長くなるということです。

生地を円形にカットしているので
生地自体が伸びますし!

衣装作りで最初の頃
苦労しましたね…。

スカートのベルト布をつけるときや
ワンピースの上下を縫い合わせるとき
ビスチェの胸のカーブを接ぐときなど…。

合わせるコツは
別ページで書き留めておこうと
思います。

こちら

« 思い出深い生地から | トップページ | 上カバーの合わせ方 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 思い出深い生地から | トップページ | 上カバーの合わせ方 »