おすすめ衣装生地・素材

« 上カバーの合わせ方 | トップページ | 室内専用サドルカバー販売中 »

グレーサドル用カバーの作り方

Imag4647

 miyata製グレーサドル、グリーンサドルに

合うように型紙を作りカバーを作っています。

Photo_20191014080401

Imag0596

 

型紙はメルカリ出品ページこちらより購入できます。
Imag2784

1.型紙づくり

上面と側面の型紙パーツ2つを作ります。

Green_cover02

①上面パーツ(上の写真で白い生地部分)

サドルの上面の形を紙を当てながら写し取ります。

ひょうたんのような型紙パーツが1枚目となります。

 

②側面パーツ(上の写真で緑色の部分)

横長の長方形となります。

 横サイズ→ ①の周囲の長さ

          伸縮性のない生地を使う場合は、

    1センチほどゆとり分をプラス。

 

 縦サイズ→ サドルの一番厚い部分の長さ 

  + 底側に回り込む部分2cm + ゴム通し部分3cm

バイアステープで端を処理する場合は

ゴム通し部分3㎝は不要。

 

2.裁断

布は伸縮性のある厚めの生地が

フィットしやすくて作りやすいと思います。

(その際、糸は伸縮性のあるレジロンなどの糸を使います)

一般的にはキルティングの生地で縫うことが多いですね。

その方が丈夫に仕上がります。

 

P1010194

Tシャツをリサイクルする時は側面パーツが1枚で取れないので

2枚をはぎ合わせました。

P1010196

そして、布が薄すぎるので裏地としてもう1セット裁断し、

キルト芯(綿が布状になったもの)を挟んで

縫い代部分で縫い合わせた後、

適当に模様のように3枚を縫い合わせてから使いました。

つまり、お手製キルティングですね♪

 

Giraff_cover

写真のように古くなったトレーナーの

リサイクルでも大丈夫です。

(ちなみに・・写真の上面は2枚はぎにしています。

サドル前側にあるプロテクターのカクンと山状になった部分に

フィットするように型紙を立体的に補正しました。)

 

適当な?生地が用意できたら、

縫い代を1~1.5cmほどつけて裁断後、

すぐに縫い代の始末(ジグザグかロックミシン)をします。

 

3.縫製

型紙②の長方形を輪に縫い合わせてから

①のひょうたんの周りに縫い付けます。

縫い代は側面側に倒し、押さえミシンをかけます。

(下の写真黄色い点線部)

 Photo

伸縮性の布を使った場合は、糸が切れにくいよう

ジグザグミシンが良いでしょう。

 Photo_2

次に、側面の長方形反対側の端は 2つ折りにし

ゴム通し口を開けて縫います。

ゴムを通せば出来上がりです。

 

 

☆私なりの ひと工夫☆

サドルの一番横幅が狭い部分の両側に

ゴム通し口を開け、ゴムは8の字に通すと

カバーがよりサドルにフィットする気がします。

 

101225_111001  

 

ぶかぶかだと、立ちグラの技をするとき

サドルに当てた足がズレやすいみたいです。

 

そして、サドルカバーを装着するときは、

サドルの前側から入れます。

Photo_20191014081501

8の字にクロスしたゴムの下側から

サドルの前側を入れ込み、奥まではめ込んだら

サドル下側のカバーを装着します。

Imag4651

サドルの横幅が一番狭い場所でゴムがクロスし

カバーがフィットします。

Imag4650

ご質問やアドバイス等は、

下のコメント欄からお願いしま~す☆

« 上カバーの合わせ方 | トップページ | 室内専用サドルカバー販売中 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 上カバーの合わせ方 | トップページ | 室内専用サドルカバー販売中 »