おすすめ衣装生地・素材

« サイズ補正 | トップページ | キルティング生地の底値 »

スパンブレードの端処理

Imag2551

スパンコールが紐状になったスパンブレードは
ハサミで切るとポロポロ取れてきます。

切り端を今まではセロハンテープで巻いて
その真ん中をカットするだけで
両面テープで布に貼り付けていました。

糸で縫い付けず、布用の両面テープを使うことは
すぐ抵抗がなくなりましたが、

衣装にセロハンテープがくっついているのが
私はどうも気になるので

今日は我流で端処理をしてみたら
手間は少しかかりますが、良いかも♪

針穴に糸を通す時に使う糸通し‼
これをスパンコールの穴を通すのに使うと
綺麗にできました。

Imag2554
 
端をスパンコール5個分長めにカットし
スパンコールを抜き取り糸だけにします。

端から2番目のスパンコールの穴に糸通しを差し込み
スパンブレードの糸をかぎ針でかけて、
糸通しをスパンコールから抜き取ります。

3番目、4番目のスパンコールの穴に順々に通し
スパンブレードの糸を通していきます。

Imag2556

最後の糸はスパンブレードの下に隠して
両面テープにくっつけます。

しばらくすると糸がテープから剥がれて
飛び出すかしら…

そうすると、生地の裏側に持っていく方が良い気もしますが

取り合えず、綺麗に端処理が出来ました!

Imag2560


« サイズ補正 | トップページ | キルティング生地の底値 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« サイズ補正 | トップページ | キルティング生地の底値 »