おすすめ衣装生地・素材

« 全日本ツイッター | トップページ | ティラノサウルス »

ビスチェの裏地

Imag4365

後ろ中心ファスナーのビスチェのパーツです。

 

表地と裏地を同じパーツで裁断して

裏地の方のみ上端に接着芯を貼り

中表にし縫い合わせると簡単です。

生地端の始末もしなくて済むのでロックミシンも不要です。

Imag4375

写真は2日で縫い上げた209枚目の衣装です!

ビスチェに作り上げたあと、奇抜なデザインにするために

溝を作って(笑)アレンジを加えている所。

 

私流の作り方を少し説明しますと・・・

まずは裁断。

Imag4356

いつものように待ち針を使わず

文鎮で型紙を固定し印を付けます。

 

生地の色が濃い場合は普通のチャコで、

そうでない場合は、時間が経つと印が消えてくれる

紫色のチャコペンを使います。

 

普通に購入すると1本400円近くするし、

すぐにインクがなくなるので、このまとめ買いはお得かも↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

チャコエース2 紫 10本自然に消える2〜14日間太芯・細芯のツインタイプA-1
価格:1944円(税込、送料別) (2019/7/17時点)

楽天で購入

 

 

そして縫い代は目分量で推測しながら

フリーハンドでカットしていきます(^^)

 

縫い代は、ビスチェの上端は1㎝、

ファスナーを付ける部分は2.5~3cm

それ以外は1.5~2cmくらいで足りるでしょう。

 

↓このような文鎮が、5~6個あると便利ですよ。重ねて収納できますし。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

型紙や生地の固定に便利な「丸型ブンチン」
価格:496円(税込、送料別) (2019/7/17時点)

楽天で購入

 

裏地の方に接着芯を貼った後は、印が見えなくなるので

もう一度型紙を当てて印を付けます。

接着芯はこのくらいの巾をテープ状にカットしておき

生地パーツに当てては必要分を切り取ると便利です。

Imag4359 

印をつけた出来上がり線の上下の角、トップバストの合印

その間・・・という感じで合わせながら待ち針で留めて

Imag4360

待ち針を外しながらミシンで縫います。

Imag4363

裏地が縫い上がったら、サイズを確認するために

体に当ててみましょう。

 

生地は斜めになっている部分が

作業中からどんどん伸びていきます。

 

特に脇の上端の斜めになっている部分は

出来上がったら、波打ってぶよぶよということのないように

表地の方は注意してください。

 

サイズ確認は、接着芯を貼っている裏地の方で。

サイズ補正は縫い代部分でつまんだり広げたりしてください。

 

例えば5mm内側を縫えば、

そこを広げると1cmつめたことになり、

8か所ある接ぎ合わせ場所全部で

8㎝もサイズ補正ができます。

Imag4366

縫い代の倒し方は、

表地の方は前中心方向、後ろ中心方向へ

裏地の方はその逆にしてアイロンをあて

縫い代が重なった部分は分厚くならないようにしています。

 

続きのファスナー付けの説明は 後日・・・

« 全日本ツイッター | トップページ | ティラノサウルス »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 全日本ツイッター | トップページ | ティラノサウルス »